サイトマップ お問合せ ホーム
住まいづくりコラム  >  ペットボトルって何から出来てる?
ペットボトルって何から出来てる?
更新:2013-7-23 11:44:17   閲覧数:1433
暑い毎日、マイボトルの飲み物もあっという間に底をつき、ついつい買ってしまうペットボトル飲料。軽くて便利な容器ですが、そのペットボトルの原料が何かご存知ですか?

500mlのペットボトル1本を作るための工程は〜

〜海外での原油採掘、原油を精製してナフサを取り出し、大きなタンカーで日本へ輸送、ナフサからペット樹脂を作り、キャップ&ラベルを作り、取り付ける〜
とまぁ、随分大変な労力とエネルギーが掛かるのです。

そのエネルギーは、なんと526キロカロリー!
人間が運動して526キロカロリーを消費しようと考えた場合…10,000歩も運動しなければなりません。(ジョギングなら1時間!)
ちょっと考えてみて! 500mlペットボトルのドリンクを買うために、ジョギングを1時間すること。

もうひとつ、考えてみたいこと。
原油が出来るのに、何年かかるのか? 
答えは、6千万年から2億5千万年ですって! もう想像できないくらい太古の資源を今、掘り出して使っているのですね。その石油などの化石資源は、あと数十年で枯渇すると言われています。それを知ると、ペットボトルを気楽に買ってポイッと捨ててしまうのは、止めたほうが良さそうですね。

ちなみにペットボトルはリサイクルしやすい材料と言われています。(でもリサイクルのコストは膨大)
今時、誰でも一枚は持っているフリースは、リサイクルしたナフサから作られているものもあるようです。軽くて暖かいフリースが私たちの生活から消えるのは、ちょっと困るかな。
そう考えると、ペットボトルの恩恵にアンチとも言っていられませんので、せめて正しく分別しましょうね。



でもそろそろ、なるべく石油に頼らない、快適な暮らしをしませんか?

8月の「住まいの学校×すまいる」では、ペットボトルができるまでにかかるエネルギーや時間について学び、石油の素である「岩」や、マリンスノーの写真などを使いながら、ペットボトルに秘められた謎に迫ります。是非ご参加くださいね!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
8月開催〜住まいの学校×すまいる〜「エネルギーをなるべく使わない暮らし方」

<講座>身近なものから地球の歴史を知る〜ペットボトル編〜
<工作>ペットボトル風鈴を作ろう
<ゲーム>ゴミの分別ゲーム

日 時:ジュニアスクール平成25年8月20日(火)
   ママカフェ平成25年8月27日(火) 
各回共10:30〜12:00
場 所:神奈川県藤沢市鵠沼海岸3-5-5-2階 NPO法人すまいる事務局
小田急線 鵠沼海岸駅 徒歩1分 フリーダイヤル0120-166-573
対 象:ジュニアスクール 小学校4〜6年生
   ママカフェ 未就園児のママ(ママが主役です)
定 員:各回6名(申し込み順)
参加費:300円(材料費として)

 
前
熱中症にならない暮らし方
カテゴリートップ
住まいづくりコラム
次
雨水を使おう!
トップへ戻る
参加者の声
Twitter
参考文献
スタッフオンリー
ユーザー名:

パスワード: