サイトマップ お問合せ ホーム
住まいづくりコラム  >  もうすぐ入居! 完了検査がありました。
もうすぐ入居! 完了検査がありました。
更新:2013-3-1 12:30:46   閲覧数:986
逗子駅のほど近く、海にも商店街にも近い絶好のロケーションに、コーポラティブハウスが竣工間際となり、先日お施主様による完了検査が行われました。
これは、お施主様と建築家、工事を担当した現場監督が三者立会いのもと、図面や打ち合わせの内容通りに工事が出来あがっているかを確認するものです。

1軒目はご夫婦と愛猫との住まい。
建具やキッチンの扉などに無垢材を多用し、間仕切りともなる造り付けの家具、書斎スペースがありました。







愛猫のための階段がある遊び心満載の気持ちよい吹き抜けは、将来ホームエレベーターを取り付ける場合に備えたスペースなのだそうです。当分の間は、趣味のための部屋として、また来客の際の客間としてお使いになるのだとか。
チェックのポイントは、家具の寸法や色合い、金物やコンセント・スイッチの取り付け位置など。設計担当の冨田さんが、スイッチの形状について説明を始めると、職人さんが車から色々持ってきて一緒に説明したりして。お施主さんと職人さんが一緒に作っていく感じが良いですよね。

家具や特注の建具には、とてもご満足いただけた様子のN様夫妻。
N様夫妻こだわりの照明器具。ダイニングテーブルが入るとちょうど良い高さなのですが、微調整が出来るようにとお持ちになられたマルミツの木製コードハンガーを試していらっしゃいました。


打ち合わせの際に納得していた事でも、現場で実物を見てみると「あれっ?」となる事もあるのです。ご理解いただけるようにお話し、修正できる範囲は直す事もあります。


屋上に上がってみると、隣人となるO様ファミリーもあちらの屋上にいらっしゃいました。






庭続きの感覚です。こちらの屋上を覗き込んで、子供たちは「わぁ〜芝生だぁ!」と大興奮。芝生もウッドデッキも、入居後でも施工可能ですよと、お伝えしました。(笑)
入居前にここまで親しくなれるのはコーポラティブハウスならではの良さですね。入居前に隣人がどういう方なのか解るというのは安心です。

お隣のO様は、男の子3人の大家族。海や山に囲まれた環境の良さを求めて逗子への移住を決められたそうです。「この学区の小学校は数年前に建替えたばかり、市民のための温水プールや図書館も新設されて大人気なんですよ」とお話したら、とっても喜んでおられました。転入する長男クンも新しい小学校生活、楽しめる事でしょう!

O様邸の内装テーマはシンプル&カラフル。この日はすべての壁がホワイトでしたが、入居前にお施主さん自らポーターズペイントという塗料で、ポイントカラー6色を塗装される予定なのだそうです。リビング奥の壁一面だけとか、4方囲まれる壁のうち一つ色を変えるだけでも雰囲気がグッと良くなりますね。







パパさんがバッグから取り出したハンモック! この高さはどうかな? テレビが観易い位置はどこ? 通行の邪魔になるからもうちょっとそっちへ!等々、一盛り上がり(笑)

土地の購入や、建築家とお施主様とのコーディネートなどを務める私たちにとっても、ようやくお施主様の晴れ晴れとした笑顔を見ることの出来る嬉しい打ち合わせです。
この数日後、すべての工事が完了し、法定検査もクリアしたところでお引渡し&ご入居となります。

住まいの学校へも何度か参加していただき、パッシブ住宅の考え方などにご理解を深めてくださったお施主様。いよいよ新居での暮らしが始まります。
こだわりの自分だけの住まいを作る事が出来る、コーポラティブハウスという考え方がもっと広まると、小さく分割したマッチ箱のような住宅が減り、地域コミュニティーが楽しくなってくると思います。

逗子銀座コーポラティブプロジェクトは第二期募集中です。
是非、説明会にご参加ください。お待ちしております!
お申込みはこちらから

 
前
葉山の新しいつながりの場「神明社あさいち」
カテゴリートップ
住まいづくりコラム
次
日本が自給できる唯一の!バイオマスエネルギー!
トップへ戻る
参加者の声
Twitter
参考文献
スタッフオンリー
ユーザー名:

パスワード: