サイトマップ お問合せ ホーム
住まいづくりコラム  >  eco検定にチャレンジ!
eco検定にチャレンジ!
更新:2012-9-12 10:33:12   閲覧数:1452
住まいの学校のヤマモトです。
夏の初め頃に、環境社会検定試験、通称eco検定に挑戦してまいりました。
このeco検定は年に2回開催されます。
前から受けてみたいと思っていたのですが、テキストや問題集を見るとなかなか一筋縄では行かない感じ…新聞を熟読したり、環境省のホームページを見たり、問題集を繰り返し勉強したりと、受験準備に約2週間を費やして試験に挑みました。
会場となった地元の商工会議所には200名ほどの、大学生位の方から60歳代の方までと幅広い年齢層の受験生が集まっていました。男性が7割ほどと多めでした。

いわゆる資格検定とは違って、なんとなく和やかな雰囲気。消しゴムを忘れた受験生が係員に申し出ると、近くの方が貸してあげたりするのはeco検定ならでは、かな。

試験は、日本の公害や森林の問題、地球規模の森や海や成層圏の問題、京都議定書のような環境整備の話し合いをする国際会議の内容など、さまざまな分野から出題されています。
満遍なく勉強しましたが、座学よりも個人的に自治体のごみ減らし運動に参加して来たことや、バイオマス工場やリサイクル工場、最終処分場、太陽光発電とペレットボイラーで生活する施設などを見学した経験が活かされたように思います。

であれば100点満点と行きたかったところですが…苦手な暗記モノに地球サミットの開催国と年号および決定事項などのがあり。こればっかりはなかなか…とはいえ、85点で見事合格いたしました!

eco検定に合格すると、カードタイプの合格証が送られてきます。
また「エコピープル」に登録すると「エコピープルマーク」を自分の名刺につけてアピールする事も出来ます。様々な情報を受け取ったり、雑誌「ソトコト」を20%割引で年間購読することも出来るようです。

今年2回目となる第13回環境社会検定試験は12月16日(日)に実施となります。
受付は10月2日(火)10:00〜11月2日(金)18:00までこちらにて。

ちなみに小学4年生から受験できる子どもエコ検定というのもあるようです。
こちらはweb上で受験できるお手軽版。将来を担う子供たちに、小さなうちから環境への関心を深めて欲しいものです。家族全員でエコピープルになってはいかがでしょうか!?

 
前
無垢テーブルをナチュラルメンテナンス!
カテゴリートップ
住まいづくりコラム
次
葉山を知る!「葉山しおさい公園」
トップへ戻る
参加者の声
Twitter
参考文献
スタッフオンリー
ユーザー名:

パスワード: